上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当に、本当にお久しぶりです。

ウェブサイトもブログも全く更新していないので、お前本当に服作ってるのかよっ!!
と思われてるかもしれませんが、やってます。絶賛稼働中です!

仕事なくなったとき土下座画像でもあげるよとか冗談っぽく言っていた時代もありましたがここまで更新しないとか・・・ちょっとやばいですね。

反省して今日からどんどん日々の仕事や洋服ごとを上げていこうと思いますのでこれからもよろしくお願いします。

何故、改心してブログ更新したかの詳細はもう少ししたら記しますね。
改心する機会を与えていただけ感謝するばかりです(´∀`*;)ゞ

そして、インスタグラム始めました。というか、始めてました。

こっちが作品とか作ってる風景的な仕事関係→danhosi_work

私のプライベートとか需要ないかもですが一応プライベート用→danhosi_p

わけるために仕事用のアカウント作ったら仕事用が検索に全くひっかからない状態が続いてましたが今確認すると大丈夫そうなので少しづつ過去作品とかもあげて行きますので良かったらフォローよろしくお願いします。

っと久しぶりに書くと文章全然かけない・・・orz
スポンサーサイト
2013.06.09 釦穴の魅力

ジャケットの袖口の切羽です。
これは本当に開け閉めできる本明き仕様ハンドでの穴かがり。
グレーに見えますが、紺のシルクです。
これは違いますが、見せ掛けの仕様、明きみせを本明きに作り変えたりする事もあります。

釦穴


糸の引き方なんかなかなか奥が深かったりします。

こんなとこ機械での釦穴でいいよ…と思う方もいるんじゃないかと、
それはそれでものすごく合理的な考えだと思いますが、
でも男子はこういうとこ結構こだわったりするんです!

勿論女子でもこだわる方はいると思いますが・・・

既製服でもブリオーニとかハンドでってブランドも結構多いので、やっぱりハンドの釦穴は魅力的なのかなぁ・・・


僕にとっては嬉しいことです☆

あっ・・・一応ハンドでの機能的なメリットもあります。
生地に対して加減ができるっていうか、微妙に針目のピッチ変えたり、糸引く強さ変えたりと手加減できます。
あとは機械に対して丈夫とかも言われますが、そのあたりは都市伝説風かも・・・

まぁ、吸い込まれるくらい魅力的な釦穴かがれるように日々精進☆





2013.06.06 こんばんわ
初めまして、DAN☆誂洋服店のDAN☆です。
日誌なのになかなか付けず早一年…日々の仕事に追われという言い訳的な(^_^;)

今年は日々の仕事以外にも色々とイベントやらで服を作る機会がありまして、またちゃんとした告知は追々とさせていただきますが、取り敢えず日にちと場所だけでもお伝えしておきます。

7月12日(金) 京都のアバンギルド 月神という舞踏のイベントです。 これについては三回目なので、前回の写真なんかもまた載せつつ告知しつつで詳しく紹介しますね。
ホームページへの載せ方をまだ理解していないところもありまして…そのあたりも今しばらくお待ち下さい。

7月13日(土)西部技団 桜ノ宮リバーサイドホテル
こっちはテーラーさんの勉強会も兼ねた感じのイベントです。今年はタキシードを出品する予定です。

立て続けですが、服ちゃんと間に合うのか少し不安ですが、まぁ何とかなるでしょう!!

ということでこれからは毎日ではないにしろ研究日誌付けていきますので、DAN☆誂洋服店をよろしくお願いします☆

看板
 
                                                             Yoshihiko Dan  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。